So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ホンダN-BOX+にスズキアドレスを載せてみた [バイク]

 あまりにも良すぎて他のクルマが売れなくなってしまったとメーカーが悲鳴を上げている(という噂がありますが・・・)ホンダの軽自動車N-BOX。いよいよ4月19日、そのアウトドア仕様ともいうべきN-BOXスロープが発売されます。N-BOXスロープの先代はN-BOX+となるのですが、このN-BOX+はスロープを取り付ければ、バイクも積載できるという、軽自動車とは思えない仕様となっているのです。
img_1.jpg
↑ホンダN-BOX+カタログより(バイクはCRF50)

CRF50はかなり小さなバイクなのですが、(ここを参照))、もしかしたら筆者保有のスズキアドレスV125Sも積載できるのではないかと思い、ディーラーにお願いして実験してみました。本来はN-BOXスロープで試したかったですが、何しろ発売前で実車がなかったので。

s-IMG_20180317_141552.jpg

写真のように、
アドレスはN-BOX+に積載できます

ただし、下記のような条件があります。
1.斜めに乗せる必要がある
2.リアボックスは外す
3.風防は外す
4.バックミラーは畳む(可倒式に限る)

 実際に乗せると、スロープ折りたたんで引き上げるとマッドガードに当たるかどうかという感じ。もちろん後ろ扉は閉まります。マフラーも右側面ギリギリです。
s-IMG_20180317_141625.jpg
 前輪は上の写真のように折りたたんだリアシートの背もたれと、助手席シートに落とし込みます。したがって助手席は一番前に寄せる必要があります。
 バイクはエンジン下のフレームで安定させます。スタンドを立てる余地はないので、クルマを走らせる時にはこの状態でバンドで固定する必要があります。
 また、助手席が使えなくなるので、バイク積載時は運転手のみのひとり乗りとなります。

 以上、ホンダN-BOX+にスズキアドレスを載せるテストの報告でした。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。