So-net無料ブログ作成

日本WBC初代王者! [野球]

 アメリカのサンディエゴで行われていた、ワールドベースボールクラシック決勝戦は日本がキューバを10-6で下し、初代王者に輝きました。

 国歌斉唱から胴上げまで、テレビにかじりついて観戦しました。昼食もおにぎりにして、片づけの時間を「短縮」。マリーンズの時と同様(さすがにここまではしないが)選手と一緒に戦う気持ちでした。
 試合の詳しい経過については、おそらくトラックバックしてくれるであろうブログサイトをたどっていただくとして、個人的な感想をいくつか。
 キューバは場慣れしているベテラン投手を先発させましたが、制球が乱れ、日本は押し出しと今江の適時打などで1回表にいきなり4点を先取。これは楽勝かと思いきや、松坂がその裏に先頭打者本塁打を打たれてしまいます。松坂は緊張からかボールが高めに浮き、少々心配でしたが、何とかこの1点で抑えました。
 日本はその後2点を追加。松坂のあと渡辺俊介が登板。世界最低位置のアンダースローは簡単に打てまいと思っていたら、しっかり対応してくるのだからキューバ打線恐るべし。勝ちを意識して堅くなったのか日本は川崎2失策、渡辺1失策。キューバは2点を追加し6-3と追い上げます。
 8回裏藤田が2点本塁打を打たれ6-5と僅か1点差に追い上げられます。恐るべき赤い稲妻。しかし日本はこの絶体絶命の危機に守護神大塚をマウンドに送り出します。昨年までパドレスに在籍し、このペトコパークを熟知している大塚は2者を凡退させて反撃を断ち切りました。ここで無得点でも走者を許していればキューバに流れが行くところだったので、この大塚のピッチングは大きかったです。君が日本代表にいてくれて本当によかった。もし薮田だったらこの危機を切り抜けられたかどうか・・・・。
 9回表、日本は千両役者イチローの適時打などで4点を奪い、試合をほぼ決定づけました。9回裏、大塚は1点を奪われたものの、最後の打者を三振に打ち取り、日本はワールドベースボールクラシック初代王者に輝きました。
 アメリカ戦での誤審、奇跡の予選突破などいろいろありましたが、まずは日本代表選手及び彼らを支えたスタッフのみなさん、おめでとうございます。そして、お疲れ様でした。不運にも怪我をしてしまった川崎選手、岩村選手には一日も早い戦列復帰をお祈りしています。肝心のペナントレース開幕はもうすぐです。
 今回の日本代表を語るには絶対にはずせないのが、メジャーリーグから参加してくれたイチロー、大塚の両選手です。メジャーでも最高の選手のひとりであるイチローの存在が、チームの精神的支柱になったのは間違いないでしょう。MVPは松坂だったけど、これは主催者がおそらくMLB所属選手以外を選んだ結果であって、管理人個人、いや日本人ならほとんどの人はMVPはイチローだと思っていることでしょう。イチローに比べて目立ってませんが大塚投手の存在も甚だ大きかったです。準決勝決勝の舞台がパドレスの本拠地だけに、彼の自信たっぷりの投球は本当に頼りになりました。ほとんどの日本人投手には初体験となるメジャーのボールパークの雰囲気、マウンドの土、風向きへの対応、また国際球への対応など投手ならではデリケートな問題について、的確なアドバイスを送ることができました。
 管理人は「日本WBC初代王者」とは書きますが、メディアが報じているように、「日本世界一」とは書きません。それはやはりアメリカに勝ってからだと思いますので、その日までとっておきます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(8) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 8