So-net無料ブログ作成
スポーツ ブログトップ

Jリーグ秋春制移行を検証する [スポーツ]

 日本のプロサッカーリーグ、Jリーグは3月に開幕し11月に閉幕する春秋制を採用している。しかしサッカーの本場欧州では9月に開幕し6月に閉幕する秋春制となっている。ワールドカップや欧州選手権は6月から7月に開催されることが多いが、これはつまりこの時期がリーグ戦のオフであるからである。
 日本のサッカーのカレンダーは概ねこのようになっている。

 3月 Jリーグ開幕
 4月 週末はJリーグ  水曜日はアジアチャンピオンズリーグかナビスコ杯
10月末 ナビスコ杯決勝
11月中 アジアチャンピオンズリーグ決勝
11月末頃 Jリーグ最終戦
12月 天皇杯予選
1月1日 天皇杯決勝

 もし日本が国際事情を無視できるのであれば、これで問題ないだろう。しかしワールドカップが開催されれば、その間はリーグ戦が開催できないし、アジアカップ予選やワールドカップ2次予選は1月2月に組まれることが多い。トップの技量を持つ選手はほとんどオフがなく、年中働かねばならない。これでは選手の寿命が縮んでしまう。
 Jリーグが欧州に合わせ秋春制に移行すれば、代表戦を欧州の強豪相手に6月に組めて、戦力の底上げができるし、選手の移籍もしやすくなる。今はJリーグ選手の流出が続き、それが加速される懸念はあるが、逆に欧州の戦力外選手を獲得しやすくなる利点がある。
 問題は何と言っても、1,2月のリーグ戦開催は雪国にとって大きなハンデとなることだ。暑さで選手のパフォーマンスが落ちるとはいえ、集客が期待できる夏の開催を止めて、寒い野外のスタンドでどれほどの客が集まるのか。入場者の減少はクラブの経営の悪影響を与えてしまう。スタジアムに屋根があれば、確かに冬場でも試合はできる。しかし現実にそれが存在するのは札幌ドームだけだし、ワールドカップで使用された、新潟や宮城のスタジアムに屋根を設けるにしても、とても高額な費用がかかり、財源不足に悩む自治体が了承するはずもない。仮にその問題が解決したとしても、練習をどこでするのかという問題が残る。雪の重みに耐えるだけのグラウンドを覆う大きな屋根を作るのは、練習用の簡易なものでも相当な建設費が必要だろう。
 そこで1,2月はリーグ戦を休みにし、天皇杯を開催してはどうだろうか。天皇杯なら、ホーム&アウエイの規定もないので、雪国のクラブも必ずしも地元で開催する必要がなく、温暖な地方で開催すればいい。練習場についてはJFAが寒冷地のチームに限り、温暖地でのキャンプを認め、その費用を全額負担する。天皇杯の決勝は神武天皇が即位されたとされる2月11日建国記念の日に固定するといいだろう。元旦は天皇杯の決勝というのはカレンダーに定着しているので、寂しい感じが否めない。そこで元旦にはナビスコ杯の決勝を開催することにする。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

大相撲八百長対策はこうする [スポーツ]

 力士暴行死事件から始まって、力士の大麻保持、暴力団との癒着、現役横綱の暴力事件、そして力士の野球賭博では名古屋場所のNHKによる中継が中止される事態となった。さらにその野球賭博の捜査の過程で、押収した力士の携帯電話の削除したメールを復旧させると、八百長を実際に行っていた動かぬ証拠がでてしまい、ついに日本相撲協会は春場所開催は中止の決定を下した。
 メールに名前が出ていた14名の内、所持する携帯電話から証拠が出てきた数名は容疑を認めたものの、それ以外の者は所持する携帯電話を「機種変更した」「水の中に落とした」「妻が踏んで壊した(嘘や~)」と言い訳して提出を拒んだ。相撲の八百長そのものは刑法で罰せられることはないから、証拠隠滅に当たらない。提出することは自分に不利益なことだから、提出しないのは当然である。
 調査委員会は全力士にアンケートを実施している。しかし「八百長に関わったことがあるか」との質問の最後に、「どんな処分も受ける」と署名させるという内容では、誰も「ノー」と答えるであろう。「イエス」と答えて処分を確実に受けるよりも、最終的に処分を受けるかもしれないが「ノー」と答えて事態の沈静化を待つ方が自分の利益に叶うからである。調査をするなら匿名でないと意味がない。いったい何を考えているのやら。
 今回は発覚後に八百長を認めた力士と年寄は出場停止2年、容疑を認めなかった力士は引退、その親方には降格の処分が下った。出場停止2年といっても2年間負け越せば序の口以下の番付外で事実上の引退だ。さらに八百長再発防止対策が発表されて、夏場所は技量審査場所として無料開放し、名古屋場所から正常開催するつもりだろう。しかし八百長対策として、監査委員の権限を拡大するとあるが、そもそも際どい勝負ほど八百長が多いもの。相撲に精通した監査委員でも見抜けるものではない。砂かぶりに座る相撲維持員にマークシートでアンケートなんて子供だましもいいところだ。
 また過去に暴力団という反社会勢力との癒着が認められる日本相撲協会は税制優遇の受けられる公益法人の認定は無理だ。せめて一般財団法人として再出発を果たしたいところだ。
 再スタートするにしても、関係者の処分だけでは世間は納得しない。報道では十両と幕下との待遇の差から、お金を払ってでも関取の地位に留まりたいという動機から、八百長に手を染めるようになったということが繰り返し述べられている。しかし管理人が思うに、大関同士の終盤戦でも地位を守るために、既に勝ち越している大関が勝てば角番脱出という別の大関に勝ちを譲ったりすることが過去にはあったはずだ。もちろん八百長のようにお金が動いてわけではなく、一種のなれ合いである。野球でいえば首位打者争いしている相手選手に故意四球を与える行為と似ている。
 しかしこうした敗退行為はスポーツでは一般に認められるものだ。野球なら前半に大量失点して主力をベンチに下げるのもそうだし、サッカーにおいてはリーグ戦を重視するかカップ戦を重視するかで選手起用が変わる。
 
 八百長防止対策として管理人は3点を提案したい。

1.支度部屋に携帯電話の持ち込み禁止
2.10日目以降の対戦相手は直前に発表する
3.大関同士の対戦を7日目8日目にも設定する

 携帯電話は必需品だという力士もいるだろうが、公営ギャンブルの騎手や競輪選手の調整ルームは携帯電話持ち込み禁止だ。できないわけはない。ついでに支度部屋では妨害電波を流しておくべきだろう。たとえ一般客に不便を強いても納得してもらえるだろう。
 対戦相手の直前発表はあの舞の海氏も提案している。相撲の対戦は、前半は地位で決まり、後半は成績で決まるという。それならば、勝ち越し負け越しの絡んで、八百長の発生しやすい後半戦は抽選にすればいいだろう。対象は十両以上で力士が国技館に到着後、くじを引く。対戦の選択肢を増やすために同部屋対決を認めてもいい。それによって支度部屋の東西割り振りは決まり、土俵入りは地位順に行う。これで対戦相手はおよその見当がつく。普段は顔触れ言上で明日の取り組みを発表している中入りで「本日の取り組み」を発表する。野球のスタメン発表のようだが、日本伝統に則った演出をお願いしたい。
 大関対決を中日付近に設けるのは終盤戦に大関同士の星の廻し合いを防止するためだ。後半は抽選になるが、負ければ大関陥落、勝てば大関昇進の関脇が対決すれば盛り上がるだろう。
 なお公傷制度の復活は、怪我を恐れて八百長をするのを防止するのに有効だろう。ただ公傷の判定は上から土俵を見ている監察委員が判定するべきだろう。どうせ八百長を見抜けないのだから、それぐらいの仕事はしないと存在意義がなくなるだろう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
スポーツ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。