So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年03月| 2017年04月 |- ブログトップ

最新情報

※※ 最新情報 ※※

■私は如何にしてクルマに乗るのをやめてバイクに乗るようになったか
事の始まり
どのバイクを買うか
駐輪スペースの確保
アドレス購入
アドレス納車
バイク盗難対策
リアボックス取り付け
USBコネクタ取り付け

■海外旅行
バリ島ニュージランド旅行~序章篇~

バリ島旅行記2016
ニュージーランド旅行記2016
フィリピン「シキホール島・ドゥマゲティ」旅行記
■国内旅行
最後の急行「はまなす」最後のブルトレ「北斗星」乗車記
北陸新幹線乗車記(日本鉄道完乗タイトル奪還)
銀色の寝台特急カシオペア乗車記
北海道新幹線新函館北斗開業及び札幌市電乗車記
■鉄道関連
新函館北斗駅を実地検証する
北海道新幹線新函館北斗開業を検証する
北陸新幹線の今後の展開
三江線の沿線をクルマで走ってみた

自動車関連
フィットにバックカメラ取り付け
フィットのバックカメラ追加改造
フィットにハンズフリーフォンを取り付け
フィットのバックカメラ再追加改造
フィットで車内泊
フィットで車内泊~実践編

■最近買ったもの
ソフトバンクColor Life5(401PM)の不満点
愛用手帳「ダイゴーの手帳E1014」
ポメラDM25
電子レンジで温める湯たんぽ「ゆたぽん」
「写ルンです」が静かなブーム

野球関連
2014年マリーンズ総括と来年の展望
2015年マリーンズ総括
広島東洋カープ25年ぶりの優勝
2016年マリーンズを振り返る


■政治経済関連
自衛隊は平和防衛隊に名前を変えよう
憲法96条、両議院過半数で発議に反対
大阪都構想に関する私見
■競馬関連
オルフェーヴル
オークス馬とダービー馬の対戦成績
朝日杯FSと阪神JFを同日開催、阪神カップはを2歳上G1に
拙作競馬Website厩戸光明伝
■資格関連
簿記3級取得記
独学で合格☆ファイナンシャルプランナー2級取得記
第2種冷凍機械責任者合格記
第2級陸上及び航空特殊無線技士ダブル合格記
危険物取扱者乙種全類取得記(Z作戦計画)


■その他
高齢者運転標識に異議あり
風呂場用冬は暖房、夏は送風
追悼・大瀧詠一 



共通テーマ:blog

私は如何にしてクルマに乗るのをやめてバイクに乗るようになったか~アドレスにUSBコネクタ取り付け~ [バイク]

 アドレスV125Sの前機種にあたるアドレスV125Gにはシガーライタソケットが付いていた。しかし、アドレスV125Sにはない。これはメーカーのスズキが調査した結果、利用が少なかったことによる。中にはその存在さえ知らないユーザーもいたという。その理由としては、通勤快速のコピーで売り出し、実際通勤で使われることの多いアドレスは、30分程度の通勤時間では、メーカーが想定したような、スマホの充電などで使ってもらうことができなかったということによる。
参考URL↓
通勤スペシャルが新しくなった! スズキ「アドレスV125S」試乗レポート【後編】

 しかし筆者は充電するための電源の必要性を感じていた。何故なら筆者はアドレスを通勤だけでなくツーリングでも使うつもりだったからである。普段からケータイとスマホの2台持ちなので、移動中に充電できれば便利だと思っていた。
 目的はスマホなどの充電なのでUSBコネクタの方がいい。だいたいスズキがシガーライターにした理由がよくわからない。たばこを吸いながらバイクの運転など危険だし、もしライダーがタバコを吸うなら、休憩中にダウンジャケットからジッポのライターを取り出して、一服する方がサマになるというものだ。もっとも筆者はタバコを吸わない人間なのでどうでもいいのだが。
 それはともかく、USBコンセントをアドレスに取り付けることにした。2台同時に充電できるように2口コンセントがあること、給電時にランプが点灯すること、雨の水滴を保護するゴムキャップがあることを条件に探した商品がこれだった。
usb_port01.jpg
s-IMG_20161123_104652.jpg
s-IMG_20161123_104713.jpg

【注 意】 この作業は自己責任でお願いします。電気工作及び機械工作の未経験者はお勧めしません。

 取り付け位置はイグニッションキーの反対側に取り付けることにした。しかしそうすると買ったばかりのバイクに大きな穴を開けることになる。それに抵抗がなかったわけでないが、利便性が勝るので割り切った。
s-IMG_20161123_111354.jpg
 まずはフロントパネルを取り外す。前3本と後ろ2本のボルトをプラスドライバーで外し、下側にある2カ所の樹脂製クリップを取り外す。この作業には釘抜きに似たリムーバーを使うとやりやすいが、なければ六角レンチでもかまわない。いずれにせよテコの原理で外す。
s-IMG_20161123_112501.jpg
↑フロントパネルの前の3本のボルトを外す
s-IMG_20161123_112553.jpg
↑後ろの4本を外す
s-IMG_20161123_113205.jpg
s-IMG_20161123_113624.jpg
s-IMG_20161123_113845.jpg
s-IMG_20161123_114037.jpg
↑下側にある2カ所の樹脂製クリップを取り外す
 右左の方向指示器のコネクタを外す。これでフロントパネルは自由になる。
s-IMG_20161123_114115.jpg
↑方向指示器のコネクタを外す
s-IMG_20161123_114305.jpg
↑外すとこうなります
 まずはコンセント用の穴を開ける。コンセントの形状を測定して穴を開ける場所をテンプレートでケガく。このコンセント場合キー溝があるのでその分もケガいておく。
s-IMG_20161123_115247.jpg
↑テンプレートで位置を決める
s-IMG_20161123_120706.jpg
↑鉛筆でケガく
 コンセントの穴はホールソーで開ける。まずは穴の中心にポンチを打つ。次にホールソーの先端がズレないように、2mm程度の穴を電動ドリルで開ける。次に28mmホールソーをドリルに取り付けて穴を開ける。樹脂なので簡単に穴が開く。キー溝部分はリューターで削り、ヤスリで形を整える。加工が終わったら、コンセントを差してみてハマり具合を確認する。
s-IMG_20161123_120921.jpg
↑中心を小さな穴を開けてからホールソーで開ける
s-IMG_20161123_121059.jpg
↑穴が開いた
s-IMG_20161123_121727.jpg
↑リューターでキー溝分を削る
s-IMG_20161123_123321.jpg
↑キー溝も切れた
 次にコンセントを固定する。このUSBコンセントは元々はバイクのハンドルに固定することを想定していて、そのためのバンド状の輪が用意されている。これをコンセントの固定に利用する。
 まずはバンドの部分をリューターで削る。次に写真右の雌ねじの部分を削る。この部分が先ほど開けた穴の裏側に当たって固定することになる。確実に止まる位置まで少しずつ削る。筆者の場合、3mmほど残すのがよかったようだ。
s-IMG_20161123_124719.jpg
↑元の取り付け部分
s-IMG_20161123_125111.jpg
↑バンド部分を削る
s-IMG_20161123_125111.jpg
↑削った直後
s-IMG_20161123_132405.jpg
↑加工最終形
 コンセントの裏側から加工したバンドを差し込んでみて、確実に固定できるのを確認する。これで外観の加工は終了である。
s-IMG_20161123_132943.jpg
↑裏から差し込んで固定する
s-IMG_20161123_133318.jpg
s-IMG_20161123_133331.jpg
↑取り付けられたコネクタ
 次に電気配線を行う。スマホの充電は2Aもあれば十分なので、ホーンの電源から分岐させることにする。
 まずはコンセントの赤いケーブルの丸形端子は不要なので切断する。次にホーンの橙の線に分岐用の圧着端子をかまし、さっき切断した線ととも締めにする。できればこの時できればテスターで橙の線がプラス側であることを確認しておくのが望ましい。正常ならば、キースイッチを入れたときに、ボディーとこの線の間に13Vボルト程度の電圧があるはずだ。
s-IMG_20161123_141446.jpg
↑ホーンとボディアース間の電圧を確認
s-IMG_20161123_142907.jpg
↑コンセントの赤いケーブルをホーンの橙線の近くに持ってくる
s-IMG_20161123_142950.jpg
↑コンセントの丸形端子は切断する
s-IMG_20161123_143707.jpg
↑赤いケーブルと橙線を分岐コネクタでとも締めする
 マイナス側は当初、ボディーアースから取ってみたが、うまくいかなかったので、バッテリーから直結させることにした。アドレスのバッテリーはライダーの足下にあり、キャップボルト2本で外すことができる。バッテリーからフロント側に出ているケーブル穴は狭い。できれば下部のカウルと外した方がケーブルを這わせやすいが、筆者は銅線を呼び線にしてコンセント側のマイナス線を引き込んだ。
s-IMG_20161127_160322.jpg
↑呼び線でマイナス線を引き込む
 マイナス線は長さが足りなかったので別に用意した。新規のマイナス線のバッテリー側にY型端子を取り付け、コンセント側のケーブルの丸形端子を切断する。それぞれの線はギボシ端子を間にかまして接続する。次にバッテリ-のマイナスターミナルにY型端子を取り付ける。そしてギボシ端子を接続する前に、テスターでキースイッチを入れてホーンの端子と引き込んだマイナス線との通電を確認する。その後一旦キースイッチをオフにして、ギボシ端子を繋ぐ。
 いよいよ動作確認である。USBコネクタ側のマイナス線と引き込み線をギボシ端子で接続し、再度キースイッチを入れる。コネクタの回りに青いランプが点灯。成功である。キーをオフにして消灯を確認。あとはスマホなどUSB機器をつないで充電できるか確認する。
s-IMG_20161123_143919.jpg
↑ランプが点灯
 ケーブルの余分はインシュロックで束ねて、パネルを元に戻す。

 以上で作業は終了。実は作業の最後の方は暗くなってしかも雨が降ってきて写真どころではなかった。マイナス線をバッテリーに引き込むところなどは十分な写真がない。ご了承をいただきたい。
 何はともあれ、USBコンセントができた。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

「写ルンです」が静かなブーム [最近買ったもの]

s-IMG_20170409_202429.jpg
 携帯電話にカメラ機能が付くようになって、もはやその役割を終えたと思われた「写ルンです」が若い女性を中心に静かなブームだという。撮影結果がすぐに見れない、画質もよくない、そうした不便さが綺麗で便利に慣れた彼女らにとっては、それが新鮮に映るのだろう。何でもデジタルのような鋭さがなくボケた柔らかい感じがいいのだという。アナログレコードやカセットテープもまた静かなブームらしいが、それと同様の流れだろうか。
 かくいう筆者も「写ルンです」を愛用している。その理由は以下の通りである。

1.シャッターを押せばすぐに撮影できる
2.盗難にあってもダメージが少ない
3.普通のフィルムカメラと違って撮影済みのコマがパトローネに収まるので安全性が高い
4.空撮に適する
5.シャッターを頼みやすい
6.電池が不要


1.シャッターを押せばすぐに撮影できる
 スマホや携帯電話のカメラを使うにはカメラ機能を呼び出さないといけない。筆者の経験ではその時間は1秒から7秒といったところだが、その間にシャッターチャンスが逃していることがある。特に動物相手は致命的だ。コンパクトデジタルカメラでも電源オンから撮影可能になるまで3秒ほどかかる。「写ルンです」なら手に持ってシャッターボタンを押すだけだ。これほどすぐに撮影可能にカメラは他にない。上着のポケットに入れておいても邪魔にならないので、必要なときにすぐに取り出せる。

2.盗難にあってもダメージが少ない
 筆者は一人で海外旅行に行くことがあるが、もっとも頭を悩ますのが、ビーチで泳ぎに行った場合の荷物である。パスポートは客室金庫に預けるし、ホテルのルームキーはレセプションに預けるか、首に掛けておくことが可能だ。しかし海で泳いでいる間の着替えは岸に盗難覚悟で置いておくことになる。海の風景を撮るためにカメラを持ってきたくても、デジカメ、スマホなどは盗難、悪用の危険がある。
 そんな時、「写ルンです」は安いので、盗られても、今まで撮った写真をあきらめれば済む。また防水ケースに入った「写ルンです」もあるので、これならこれを身につけて海に入っても大丈夫だ。
s-DSC_0360.jpg
↑防水型「写ルンです」

3.普通のフィルムカメラと違って撮影済みのコマがパトローネに収まるので安全性が高い
 普通のフィルムカメラはパトローネからベロのように出ているフィルムの端を、カメラの巻き取り部に引っかける。しかし何らかの理由でカメラの蓋が開いてしまった場合、たちまち感光してせっかく写した写真がだめになってしまう。
 しかし「写ルンです」はこれとは逆に、未使用フィルムが外にあって、撮影済みフィルムがパトローネに収められるので、万が一の場合にもデータが残る。もっとも、写ルンですの場合蓋が開くことは全くないといっていいのだが。

4.空撮に適する
 つい最近になって航空機内のデジタルカメラ使用が許可されるようになったが、それまでは空からの景色はフィルムカメラに頼るしかなかった。もっとも離着陸時は客室乗務員が歩き回ってチェックしないので、こっそりデジタルカメラで撮影していたのが現実だ。だからこれはもともと大したメリットではない。けれども飛行機は高速で飛んでいるので、景色は一瞬ですぐに雲に隠れることもよくある。こんな時はこの写ルンですのすぐに写せる利点を生かすことができる。
5.シャッターを頼みやすい
 操作が簡単なので、例えば飛行機で通路側に座っていても、窓際の客にシャッターを頼むことができる。また観光地で他の人に自分の写真を撮ってもらうときも頼みやすい。頼まれた方も「写ルンです」なら失敗も少なく気軽に引き受けてくれる。そもそも外国人は「写ルンです」は知らないので、これをきっかけに会話が弾むかもしれない。

6.電池が不要
 デジカメにしろスマホにしろ、電池がなくなれば撮影できない。スマホの場合、カーナビなどを使った後は温度が上がりすぎてカメラが立ち上がらないことすらある。予備バッテリーがあれば充電できるが、それを持っていなければ、ただの役立たずである。
 その点「写ルンです」は通常撮影に電源は不要。内蔵フラッシュは39枚分を連続して撮影してあまりある電池を備えている。何らかの理由でスマホの電池を使い切ったときなど、写ルンですは予備として使えるカメラである。

もちろん「写ルンです」にも欠点はある。
1.撮った写真をすぐ見れない
2.動画を撮れない
3.写真屋で現像してもらうコストがかかる
4.デジカメの写真に比べて何かボケていてはっきりしない


1.撮った写真をすぐ見れない
 これはもう仕方がない。ただし昭和時代以前のカメラはすべてこうだった。デジカメの場合、とりあえずメモ代わりに撮ることができるが、フィルムカメラはそれはできない。これはデジカメの絶対的に有利な点である。これも現像という面倒な行程が必要ないからで、デジカメがフィルムカメラを駆逐した最大の要因である。
2.動画を撮れない
 ほとんどのデジカメやスマホは動画撮影機能が付いている。これはフィルムカメラにはできない芸当である。昭和時代では動画を撮ろうと思ったら、重いビデオカメラを担ぐ必要があったが、今や専用の機材を用意する必要はほとんどなくなった。これもデジカメがフィルムカメラを駆逐した要因のひとつである。

3.写真屋で現像してもらうコストがかかる
 フィルムの場合、現像という行程を経ないと、画像を得ることができない。それをやってくれるところ、いわゆるDPE店にフィルムを持ち込む必要がある。かつてはカメラ屋はもちろん、本屋や酒屋、スーパーのDPEコーナー、コンビニでも受け付けてくれたが、フィルムカメラの衰退に従って、その店は一気に縮小している。かつてはカメラ屋はフィルムを買う、現像に出す、写真を受け取ると三度の商売ができるといわれたが、デジカメによって一気に駆逐された。今の生き残っているDPE店は他店の競争に勝ち抜き、デジカメの高品質プリントで活路を見いだしている店だ。
 「写ルンです」はたいていのコンビニに置いているが、住んでいる場所の近所にDPE店がないと、写ルンですを購入することは無意味になってしまう。
 かつてはフィルム現像と同時に紙に写真を焼いてもらう同時プリントが一般的だったが、デジカメ世代はほぼ自宅にパソコンがあるので、フォトCDに焼いてもらう方がコストが安い。27枚撮りで1000円くらいだ。

4.デジカメの写真に比べて何かボケていてはっきりしない
 これは「写ルンです」の味だから、大して欠点ではないが、デジカメのように鮮やかな写真を期待するとがっかりする。最低1mを要する固定焦点、焦点が合っている範囲を広げるために絞りが絞られているので暗い場所に弱いという写ルンですの特性を理解しておく必要がある。フラッシュは付いてはいるが光量が少なく、かなり接近しないと中心部しか浮かび上がってこない。
s-IMG_20170409_202447.jpg
↑この条件で「写ルンです」

 以上、筆者の「写ルンです」論を述べさせていただいた。2012年には全盛期のわずか5%まで売上げが落ちた写ルンですだが、近年は前年比5倍のペースで伸びているという。それはブームのせいもあるが、「写ルンです」が小型軽量安価というデジカメにない有利な点を有していて商品として優れていたから生き残ったのだろう。「写ルンです」の撮影テクニックに付いては他の人が有益な情報を提供しているので、そちらを参照していただきたい。

リンク集
●写ルンですは実はスゴいフィルムカメラなのです
●その瞬間を最高の一枚に。「写ルンです」で失敗しない5つの撮影のコツ
●ブーム再燃の「写ルンです」 使いこなすポイントは?
●【徹底解説】写ルンですが、今カメラ女子の間で大ブーム!その魅力とは?

「写ルンです」による拙作写真集
s-090917.jpg
↑ウラジオストクの街並み
s-DS111120230629.jpg
↑グレートバリアリーフの珊瑚礁

s-FH000022.jpg
↑フィリピンシキホル島の海

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

私は如何にしてクルマに乗るのをやめてバイクに乗るようになったか~リアボックス取り付け~ [バイク]

 バイクの数多い欠点のひとつとして、雨ざらしだということが挙げられる。このスズキアドレスの場合、雨に濡れないのはメットインスペースだけ。アドレスにはヘルメットフックがあるので、ヘルメットをそこに掛けるようにすれば、ある程度の物は積めるとはいえ、エンジンルームの真上のこのスペースは熱がこもりやすく、保管場所としては不適当な場合がある。
 そこでリアボックスの登場となる。普通のバイクの場合、これをつけると一気に美観を損ねる。ところがスクーターの場合、全く違和感がないどころか、むしろあった方がバランスがいいと感じてしまう。
 リアボックスは一般的にはリアキャリアに取り付けることになる。アドレスV125Sは標準でリアキャリアが付いている。
 買ったリアボックスは下記のタイプだ。容量は32リットル。ありがちな赤ではなく、水色の反射板(ただの飾りだけど)が気に入った。
rearbox01.jpg
 取り付けは簡単である。まずはキャリアにボックスを固定するための板を取り付ける。この際、ボックスレンチなどでしっかり固定することが肝心だ。次にボックスを引っかけるように、リアボックスを固定する。ボックスには鍵が付いているが、当然のことながらバイクの鍵は使えないので別物だ。ボックスの取り外しは鍵が開いた状態で、下の赤いボタンを押すことで行う。将来釣りをするようになり、クーラーボックスを載せる場合などは、このリアボックスを外し、クーラーボックスをロープで固定することになる。
s-IMG_5255.jpg
↑リアボックス本体
s-IMG_5260.jpg
↑取付金具
s-IMG_5270.jpg
↑リアキャリアに板を取り付ける
s-IMG_5271.jpg
↑取付は六角レンチとボックスレンチ要
s-IMG_5272.jpg
↑板取り付け完了
s-IMG_5273.jpg
↑さらに板をはめ込む
s-IMG_5274.jpg
↑この板にリアボックスを引っ掛けるようにして取り付ける
s-IMG_5275.jpg
↑取り付け完了
 さて、このリアボックスの使用感だが、安物だけに問題点がある。
1.鍵を閉めるのが面倒
2.満載した場合、鍵を開けても蓋が開かない
3.雨漏りすることがある


一番の不満は、1である。メーカーは以下のように説明している。
---------------------------------------------------------------
【鍵穴の仕様について】
こちらのリアボックスの鍵穴はシャッター式を採用しております。
採用している理由と致しましては、外部からのホコリや水等が鍵内部に侵入しにくいように、 また、鍵穴に詰め物等でイタズラをされないようにとの考えからです。
一般の押し込むタイプの鍵穴とは違い、鍵の先端を鍵穴横のガイド(窪み)にあて、 シャッターを横へスライドさせるようにして鍵を挿入する必要がございます。
鍵が入れづらいという方はシャッターが完全に開いて無い状態で鍵を挿入しようとしている可能性がございますので、シャッターを完全に開ききった後に鍵の挿入をお試しください。

---------------------------------------------------------------
 しかし、何の予備知識がなければ、誰もこのボックスの鍵を掛けることができないであろう。掛け方としてはまず鍵を水平の位置にし、鍵の上にあるフックを押しながら、鍵を垂直にするのである。フックを押さなくても鍵は回るし、外見上は閉まったように見えるのだが、実際は蓋が開いている。バイクでこの状態で走るのは、中身が飛散するかもしれず危険である。鍵を水平の位置にするのも簡単そうで面倒である。普通こういった鍵はキーホルダーをつけているので、その重みで垂直状態になるのである。だから右手で水平状態を保ちつつ、左手でフックを押す必要があるのだ。慣れれば簡単なのだが、施錠は必ず確認する必要がある。
s-IMG_5256.jpg
↑カギは少々面倒だ
 2は例えばダウンジャケットのような膨張する服をリアボックスに入れた場合、鍵が開いても、フックが引っかかって、蓋が開かないのだ。この場合、鍵の下の隙間から指を突っ込んでフックを裏から押して解除する必要がある。
 3はボックスの蓋の端のパッキンが十分でないので雨水が浸入する。これは安物の宿命である。
s-IMG_5278.jpg
↑閉まりが悪いと水漏れする

 そんなわけで、このボックスは決しておすすめはしないが、外観の見栄えと値段を考えれば、妥当な線だろう。
s-IMG_5276.jpg
↑デザインはハマってますね
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

2017年03月|2017年04月 |- ブログトップ