So-net無料ブログ作成

横浜ベイスターズ売却決定 [野球]

 ゲームサイト「モバゲー」を運営するディー・エヌ・エーDeNAが横浜ベイスターズを運営するTBSから株式を譲渡され、66%の株式を得た。これにより球団の親会社が変更されることとなり、12月1日のオーナー会議にて4分の3の承認を得られ、DeNAはプロ野球球界の経営に参入することになった。TBSも一部の株式を残し経営に関与することになる。また以前から株式を保有しているニッポン放送も変更はない。2002年に140億円でマルハから球団を買収したTBSは結局65億円で売却することになった。
 球団名は横浜DeNAベイスターズとなった。
 買収費用とは別に日本野球機構(NPB)にはの預かり保証金が25億円。野球振興協力金4億円、加入手数料1億円を合わせて30億円必要で、合計95億円の費用を必要とする。これはDeNAの年間売り上げに相当する。さらに球団は年間20億円以上の赤字に苦しんでおり、その補填も必要である。
 ディー・エヌ・エーがこれほどまでの高額資金を要して球界に参入するのは、何よりも宣伝目的である。携帯電話のゲームサイト「モバゲー」は若年層の利用が圧倒的に多い。翻って、プロ野球の視聴者は40歳代より上が多い。つまりあまりゲームをしない世代に、企業の知名度を上げて、モバゲーの利用者を拡大したいという狙いがあるのだろう。これについては、球団略称を「横浜」とされては効果がない。しっかりマスコミに「DeNAディー・エヌ・エー」と呼んでもらえるよう頼む必要がある。知名度のあるモバゲーを球団名にしたかったようだが、商品名は球団名に使用できないという野球協約に抵触するため、DeNAディー・エヌ・エーという運営会社を球団名にせざるを得なかった。だからこの際、ソフトバンクが運営する電話会社ボーダフォンを「ソフトバンク」と電話会社にしては奇妙な名前に変更したように、モバゲーもDeNAとするべきだ。そうしないと宣伝効果が薄まってしまう。
 宣伝目的としてはむしろ連敗を重ねた方がいいと考える向きもあるが、ベイスターズは近年成績不振でどうしようもない状態が続いている。これは親会社のTBSのやる気のなさが主たる原因である。そこでDeNAは元日本ハムの高田繁氏をGMとして招聘した。高田氏なら少ない経費でチーム強化した実績があるので、このチームにうってつけである。
 あとは箸の上げ下ろしまでメディアに報道されるようなスター選手を獲得し、ユニフォームに思い切りDeNAのロゴを貼り付けることにより宣伝効果は達成されるだろう。監督に元西武で横浜に在籍経験のある工藤公康氏が有力されたが、条件が折り合わず、元巨人の中畑氏に決まった。ふたりに共通するのは明るいキャラクター。言動でなんとかメディアに取り上げてもらおうという現れであり、低迷するチームに活を入れる目的があるのだろう。
 昨年住生活Gへの買収が直前で破談になった最大の原因は横浜スタジアム問題である。住生活は使用条件の悪い横浜からの移転を考えていて、横浜スタジアム側がそれに断固反対したので、折り合いがつかなかったのだ。昨年管理人が書いたように、横浜スタジアムの運営の背後には暴力団が関わっていると思われる。住生活としては関わりたくない思いが強かったのだろう。定額の使用料の他に、チケット売り上げの25%を球場に支払い、看板、物品販売の売り上げも球場のもの。しかも45年契約のオーナーシートが存在し、新球場を検札する場合も横浜スタジアムが運営することとなっている。横浜スタジアムの株の半分は横浜市が所有しているとはいえ、これほどの使用条件の悪い球場はないだろう。
 ところでディーエヌエーは横浜を本拠地とすることを明言している。人口後背地の大きい首都圏、港ヨコハマのイメージの良さ、などを考慮したものと思われれる。横浜スタジアムの言い分はこれまでTBSは1年契約だったので、長期的な改良工事が行えなかったという。少なくとも10年は使用するのならリニューアルを考えるという。横浜スタジアムとしては、球場を改良して魅力を高める代わりに、使用条件はこれまで通りとしたいのだろう。
 それなら仙台や広島のような魅力的な球場にするべきだろう。今年はもう間に合わないし、人工芝も張り替えたところだから無理として、2年後ぐらいから動き出すべきだろう。もう移動観客席を用いてアメフトの試合をすることはないのだから、野球に特化するべきだ。グラウンドは天然芝にするのがいい。実際、雨天中止の問題さえ解決できれば、維持費は人工芝をより安いのである。スタンドはあまりに古いので内部をリニューアルする。外野席はあまりに魅力がない。左翼席を思い切って削って、モンスターウォール化し、逆に右翼席を増やす。三塁側をホームにするというのなら、その逆でもいい。右翼席を壁にすれば、左バッターに不利になる。そうすれば、チーム編成は右打者中心になる。本来、プロのチームはホームグラウンドに合わせてチーム編成するのが当然だ。球場の狭さが取りざたされる横浜だが、これはそのままでもいいのではないだろうか。ひとつぐらい打者有利な球場はあっていいと思う。
s-IMG_2794.jpg
↑ホッシーの横にいるのは誰?
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。