So-net無料ブログ作成

先発確立道遠し [野球]

▲04/19試合結果

【ロ5-12ソ】
ソ/030 040 050=12
ロ/020 300 000=5

勝/杉内[2-0]
負/小林宏[0-2]
観衆/25537人
時間/3時間22分

⇒3点を追う2回裏、無死1・2塁で相手暴投と送球エラー間に1点を返し、さらにベニーのタイムリーでもう1点。5回にベニーのソロHRで追い付き、2死2・3塁から竹原のタイムリーで勝ち越したが、投手陣が崩れ再逆転負けを喫した

【投】
●小林宏(5回7失点)-高木-小宮山-川崎-中郷

【打】
HR/ベニー1号ソロ(4回)
タイムリー/ベニー(2回)、竹原(4回)
盗塁/-

▼独自選出MVP
ベニー(2安打2打点)

----------------------------「メルマガ千葉ロッテ倶楽部」より引用
 杉内から5点奪い、かつリードしたというのに先発小林宏之が4失点の背信行為。そしてビハインドで気楽な筈なのに、リリーフした川崎が大量失点。伊藤、中郷など他のリリーフが頑張っているのに醜態をさらしてくれました。
 もう断定していいでしょう。05年の優勝に貢献した先発陣はもうピークが過ぎた。清水直行も小林宏之もオープン戦では好投していただけに、「何で?」と思っているかもしれませんが、もう他球団は研究済みなのでしょう。管理人の考えですが、本来いい成績をあげれば、より技術の向上に努めるべきなのに、今まで通りのこと、もしくは05年のイメージを取り戻そうとしているのだけではないでしょうか。もちろんご本人たちは否定するでしょうが、数字はどこまでも冷酷です。渡辺俊介は変則投法である程度生き残れそうですが、成瀬、唐川、大嶺が来年のローテーションの中心と考えるべきです。大嶺は投球スタイルがクローザー向きだから、転向する可能性があるので、あと3枚先発が足りないということになります。さらに成瀬も見たところ太りやすそうな体質だから、身体のキレを失うかもしれません。木村、服部のドラフト1位組の奮起が必要条件となりましょう。
 フロントは早稲田の斎藤佑樹投手の入団という甘い夢をみているようですが、いくら抽選とはいっても、優勝を狙えるチームでないと拒否されるでしょう。それにはまずピッチャーを育て上げて、「この球団なら入ってもいいなあ」と期待させないといけないでしょう。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(3) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。